ABOUT私たちについて PORTFOLIOポートフォリオ INFORMATION新着情報 OFFICER役員紹介 FELLOWフェロー CONTACTお問い合わせ
Advance
the hour hand
Advance
the hour hand
CONTACT

役員紹介

OFFICER

MESSAGE

代表メッセージ

  1. 経営理念
  2. 経歴とRiskTaker立ち上げの経緯
  3. 業界(世界)に対するRiskTakerの立ち位置
  4. 未来に見据えるもの
代表メッセージ

経営理念

CORPORATE IDENTITY

RiskTakerでは「リスクを取って挑戦してきた人」が世界を変化させてきた(時代の針を進めた)と考えています。
様々な活動を通しRisk Takeする人を増やすことで世界の変化を加速させより良い世界をより早く実現することに寄与するものと考えます。

経歴とRiskTaker立ち上げの経緯

BACKGROUND

総合スタートアップビークルである当社は、「RiskTakeする人を増やし世界の変化を加速する」というビジョンの基、令和3年5月に法人として株式会社RiskTakerを立ち上げました。
私冨山は、証券トレードの自動売買システムの開発、世界金融領域でのビジネス展開を経て2019年よりエンジェル投資家としての活動を開始し、VCとの共同投資などを複数実施しています。
現在、起業家コミュニティの形成から毎月開催のピッチイベント及びスポーツ支援など、投資だけに留まらず起業家・スタートアップ・アスリートなど様々な挑戦者の芽を花開く活動を積極的に実施。そしてグローバルへの参入障壁をなくすため、海外での知見やネットワークを持つメンバーと共にRiskTakerを立ち上げました。

業界(世界)に対するRiskTakerの立ち位置

POSITION

Sustainable Technology(持続可能な社会を実現する技術)が注目される今、
RiskTakerは国境を越え、草の根の地域の視点で社会実装を行う、次の世代の人類に必要な起業に対して可能性を見出し、投資及びアクセラレーションを実施していきます。
その実現のため、当社は金融事業経験者及び海外企業&事業経験者でチームを編成し、リスクに立ち向かう人・企業を更に加速させるVCとして業界に位置しています。

未来に見据えるもの

FUTURE

太古遥か昔より人類は多くの挑戦から英知を積み上げ、それを子孫に受け継いで"今"を紡いできました。

挑戦者全てが美談で語れる出来事が未来に待ち受けているわけではありません、それでも自ら時の針を進める者、"リスクテイカー"で溢れる世の中の実現を目指します。

OFFICER

役員紹介

  • 代表取締役 代表取締役 TOMOHIRO TOMIYAMA
    CEO

    代表取締役

    冨山 智広

    Skynet代表取締役として、売買システム開発の事業家として証券トレードの自動売買市場の黎明期から活動。その後フィールドを海外金融市場に移し、世界金融領域で複数のビジネスを展開。2019年からエンジェル投資家として活動開始。スキャる、Sampo IncなどVCとの共同投資を複数行う。2021年RiskTaker Inc 創業。

  • OFFICER

    役員

    中川 明

  • 顧問 顧問 KENICHIRO SEKI

    顧問

    関健一郎

    NHK記者としての経験を活かし、国会内外で積極的な発信を重ねて日経新聞や朝日新聞などに個人としての活動が取り上げられたほか、報道番組や朝まで生テレビに出演

    衆議院議員・当選1回
    衆議院・環境委員会理事
    衆議院本会議登壇3回
    議員立法8本提出(種子法復活法案・公文書管理法・家畜伝染予防法など)
    衆議院委員会質問回数44回(18時間2分)